2020年03月27日

確率

福岡市博多区博多駅前などにある
看護・医療系受験専門
福岡看護医療予備校です。


数学の確率の解き方のテクニックの一つに

Aが起こらない確率=1-Aの起こる確率

といったものがあります。

Aの起こらない確率を
場合分けなどを使って
丁寧に解いていくことが
煩雑なときに便利なものです。

実際の試験中でも時間短縮を狙い
積極的に使いましょうと
推奨している先生方もいます。

私は自宅学習にて時間があるなら
両パターンで解くことをおススメしています。

最終的に同じ結果になるものですから
もし違う結果になったとき
自分の作った式の
どこの部分が違っていたのかを考えます。

場合分けの数が足りなかったり、ただ計算ミスをしていたり、

個々で理由は違うでしょうが
そこが自分の弱点ではないかと
探す手助けになります。

posted by FMCS at 15:04| Comment(0) | 副校長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。